ICLについて

ICL(inplantable contact lens)は、眼内コンタクトレンズ治療、フェイキックIOL、有水晶体眼内レンズなどと呼ばれ、特殊なコンタクトレンズを眼内に移植する手術です。移植した後はコンタクトレンズのように毎日のケアを行う必要が無く、LASIKに代わる新しい近視・乱視矯正治療として注目されており、『せきむかい眼科クリニック』でも実施しています。
icl-image1
適応となるのは、21歳以上で眼鏡の度数が安定している方です。
矯正方法の違いから、眼鏡よりも鮮やかな見え方が期待できます。
角膜を削ってしまうことが無いため、術後のドライアイが少なく、また、いつでも取り出して元の眼に戻すことができる点も、LASIKより優れています。

ICLは虹彩の後ろ側にインプラントするので外からは見えません。レンズが眼の中にあると自覚したり、異物感を感じたりすることはありません。また基本的にレンズは、インプラント後、眼の中で動いたりずれたりすることはありません。ソフトコンタクトレンズに類似した、水分を含有した柔らかい素材で、生体適合性が高く、無色透明で紫外線をカットする効果があり、経年変化で破れたり変性したりすることがなく安定しています。もし将来別の治療等のため不要になれば、手術で取り出し元の眼に戻すことが可能です。

ICLは、中等度から強度の近視まで様々な強度の近視と乱視に対応しています。矯正方法の違いから、LASIKや眼鏡よりもすっきり鮮やかな見え方が期待できます。適応は下記の通りです。

適応

・原則、21歳から45歳まで
・中等度から強度の近視(度数約-3Dから-18D位まで)
・乱視が約4.5Dまで
・過去1年の近視の度数が安定して変動が0.5D以内であること
・ドライアイにならない近視矯正手術を望んでいること

不適応

・妊娠中、或いは授乳期間中の女性
・眼の隅角と呼ばれる部分が狭い方

手術は、日帰りで、通常両眼を同じ日に行います。点眼で麻酔をし、両眼合わせておよそ20-30分で手術終了します。
icl-image2 icl-image3

費用について

両眼:60万円(術前検査・手術・術後の定期検査費用を含みます)

乱視矯正も同時に行う場合、片眼につき10万円の追加費用が必要です。

コメントは受け付けていません。