白内障手術について

haku-image1白内障手術は、白内障による視力低下に対する唯一有効な治療法です。

「水晶体嚢」と呼ばれる透明な薄皮一枚を残して、濁った「水晶体皮質」と「水晶体核」をすべて取り除きます。そして、残した「水晶体嚢」の中に、今後代わりとなる人工のレンズ(眼内レンズ)を入れて終了します。

手術の所要時間は、5~10分程度です。麻酔は点眼で行い、注射を使用しません。点眼は少し沁みる場合がありますが、安全で怖さが少ない利点があります。幅わずか2.3㎜の創から行う「極小切開白内障手術」を採用しています。

手術の後は、翌朝まで眼帯をしますが、多くの場合、すぐに視力が回復します。専任スタッフより、点眼の入れ方や術後の生活の注意事項など、丁寧にトレーニングさせて頂きますので、安心してお受け頂くことができます。

洗顔・洗髪など、眼に水が入ってしまう行為は、術後5日間避けて頂きます。その期間中、顔を拭くことはできますが、洗髪は理容院や美容院でお願いすることをお勧めしています。

片眼の手術を行った翌日には、反対眼の手術を行うことができます。

白内障は再発をしませんので、一度手術を行えば、二度と悩まされることはありません。また、眼内レンズは数十年にわたり使用できますので、一般的に、一度入れたレンズは交換を必要としません。

眼内レンズについて

眼内レンズは、焦点(ピントが合う距離)の数により、単焦点レンズ、二焦点レンズ、三焦点レンズの3種類に分かれ、二焦点レンズと三焦点レンズのことを多焦点レンズと呼んでいます。それぞれ特徴が異なりますので、皆さんのライフスタイルに合わせ、最適なご提案を致します。

焦点は主に、”遠距離(2m以上)”と”近距離(40㎝以内)”、そして”中距離(その中間)”と分けることができます。”遠距離”は普段の生活や運転時に関わる距離、”近距離”は読書や携帯電話の操作に関わる距離、と考えると良いでしょう。”中距離”は、その間の距離で、主にパソコンの距離にあたります。

単焦点レンズは、”遠距離”だけ、”近距離”だけ、という具合に、三つの距離のうち一つだけを、裸眼で見えやすくできるレンズです。健康保険が適用され、手術費用を抑えることができますが、焦点は一つですので、術後は眼鏡を必要とすることが多くなります。二焦点レンズは、例えば”遠距離”と”近距離”、もしくは”遠距離”と”中距離”というように2つの距離を、裸眼で見えやすくすることができます。通常の健康保険は適用できませんが、一部のレンズには先進医療保険を適用することができ、手術費用を抑えることもできます。三焦点レンズは、”遠距離”・”中距離”・”近距離”の3つすべてで裸眼視力を改善させることができ、同時に乱視の矯正も可能です。健康保険および先進医療保険は適用できません。

眼内レンズの選択は、その後一生の見え方を左右する選択ですので、白内障手術において最も重要です。術後の見え方がご希望に沿うよう、選択に際し十分な相談を重ねることにしております。どの距離を裸眼で見られるようになりたいかなど、ご要望を詳しくお聴かせ下さい。

白内障手術の費用について

単焦点レンズを用いる場合は、健康保険が適用できますので、1割負担の方は約15000円(片眼)、3割負担の方は約45000円(片眼)のご負担となります。

多焦点レンズを用いる場合は、レンズの種類により費用が異なって参ります。『せきむかい眼科クリニック』は、この手術に関し、厚生労働省より「先進医療施設」に認定されておりますので、特定の二焦点レンズを用いる場合、先進医療の扱いとすることが認められております。その場合、手術技術料以外の費用にはすべて健康保険が適用されます。先進医療保険に加入されている方は、手術技術料に適用できる場合がありますので、ご自身の保険をご確認下さい。『せきむかい眼科クリニック』では、手術技術料は33万円(片眼)です。

その他の二焦点レンズおよび三焦点レンズを用いる場合、その種類により価格が異なりますので、下記の表(※現在調整中)をご覧下さい。

白内障とその症状について

白内障は、眼球の中でレンズの役割を果たしている「水晶体」が透明さを失っていく疾患です。年齢とともに、すべての方に発生しますので、老化現象の一つと考えることができます。40代後半に始まる方は珍しくありませんが、先天性のものや、アトピー性皮膚炎や外傷などの理由により、さらに若くして始まるケースもあります。白内障は、点眼や内服で透明さを回復させることはできないため、手術で濁りを取り除くことでしか治療できません。

「水晶体」はタンパク質でできており、筋肉の働きで厚みが変わり、ピントを自動的に調節することができる優れたレンズです。白内障になると、透明さが失われるとともに、ピントを合わせる力(調節力)もまた失われていきます。初期は眩しさを自覚することが多く、進行するとかすみ眼や視力の低下へと変わってきます。眼鏡が合わなくなってくる場合もよく見られます。見え方がおかしいなと思われたら、ご相談下さい。

コメントは受け付けていません。